FC2ブログ

チャンネル開設(2018/7/26)


ニコニコ動画に「噛み噛み実況プレイ」を初めて投稿させて頂いたのが2008年でもう10年になるんですね。

あの当時10歳の方であれば今は立派な成人になられてますし、

あの当時20代後半の方でしたら今や素敵なアラフォーになられてるはずで

いや~、すごいことですね(笑) ←自分も10年歳をくってるくせに他人事かい!


本題に入ります。

youtubeチャンネルを開設しました。

続きを読む...

ブログ拍手コメントに感謝(2019/2/23)

表題の件について
どうしても気持ちをお伝えしたくて投稿をさせて頂きました。

実のところ、ブログ拍手機能に付いてるコメント投稿フォームから送信されたメッセージは管理者のメッセージボックスに入ってこない仕様となってるため、メッセージの有無の確認が取りづらく、お返事をオンタイムでお返し出来てない状態が生まれていました。
お返事を期待されていた皆様に対して申し訳ないことをしたなと思ってます。励まされるコメントを数多く頂いていました。僕の感謝の気持ちをこの記事に込めさせて頂きます。本当にありがとうございました。

今後のメッセージ投稿に関しては、各記事の下段にあるコメント投稿フォームをご利用頂くのが、より確実かと思います。宜しくお願い致します。

たたかえドリームチーム実況 part124

早苗ちゃんだってスーパー・グレート・グッド・マネージャー



プレイステーション思い出夜話

本番8時間、準備はその倍以上(笑)
今年3月の入院期間中もこの企画の事を考えてました。
ミュージック・クリップ同様、形に残せてよかったです。


たたかえドリームチーム実況 part123

原作内でも特に思い出に残るセリフが多数登場したシーンが総登場。
楽しいセッションでした。


パックマン99

当時「妖怪道中記」は大人気ゲームでした。
僕も初めて目にした時はグラフィックの美しさに目を奪われました。
ゲームなのにまるでアニメを動かしてるかのようでね。

おとぎ話をテーマにしていた点も華やかだったし、
道中お店で金銭のやり取りができたり、
賭博場があったり、
画面上に地図が表示されてる事やそれを活用して隠しルートを探ったり
動物を助けて引き連れることができたりと
挙げればキリがありませんが
本当にあの当時では型破りなアクションゲームでした。

となると、そんな素晴らしいゲームを
常々世の良いものに対して敏感にレーダーを張られてる
地元のリーゼント頭のお兄ちゃんたちが放っておくわけがありません。
「妖怪道中記」の筐体周りは四六時中
彼らの集会所と化してました(笑)

当時まだガキンチョだった僕は、それでも自分の順番がまわってくるのを
小銭を握りしめて待ったものです。

来ることはまあ、ありませんが(笑)

しばらくしてPCエンジンやファミコンにも移植されましたので
それらをプレイされた方は多くいらっしゃると思います。
僕もファミコン版を当時遊びました。
PCエンジン版についてはこれまた別のお話があります。
(過去にブログで触れてはいます)
しかし聞くところ、PCエンジン版もファミコン版も
独自のアレンジ版となっているそうで
アーケードの再現とはなっていないようなんですね。
仕方ないですよね、容量や技術の制限がまだきつい時代ですから。

そんなこんなで思い入れのある「妖怪道中記」
今回はちょっとだけ憧れのアーケード版に触れてるかのような
錯覚を覚えることができました。


プロフィール

噛みうp主

Author:噛みうp主
実況プレイ動画を公開中

マッチレポート(カテゴリー)
コミュニティ
リンク(Tree-Link)
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント(Tree-Comm)
はいりインタビュー(6ock)
はいりインタビュー
Interview with Vampairi
ブログ応援団長
priceless
QRコード
QRコード